新たに農業への参入を考える人に、初期投資や労力が小さくて済む〝小さい農業〟を提案する講演会が、2月23日(土)午後2時から同4時まで、名張市南町の名張産業振興センターアスピア多目的ホールで開かれる。参加無料。

 講師は、石川県能美市で農業を営む「菜園生活 風来」代表の西田栄喜さんで、演題は「スモールメリットを生かせ! 命の時代に向けて」。2000年に独立起業し、3千平方メートルの農地などで無農薬野菜の栽培に取り組み、著作や講演などでも農業の魅力を伝えている。

 定員は申し込み先着80人。参加希望者は、事前に名張市農林資源室へ電話(0595・63・7625)で申し込む。定員に達した場合は締め切り。

 問い合わせは同室(0595・63・7625)まで。

2019年2月23日付742号7面から