粗大ごみで収集・搬入され、修繕して再生品となった木製家具などの展示販売が、2月22日から3月3日(日)まで伊賀市奥鹿野の伊賀南部リサイクルプラザ(クリーンセンター内)で行われる。

 名張市と伊賀市青山地区のごみ収集やリサイクル事業を担う伊賀南部環境衛生組合が2009年度から実施している取り組み。今年は整理だんす、洋服だんす、座卓など20点前後を予定している。

 販売は入札方式で、展示期間中、会場に設置の入札票に必要事項や希望金額を記入し、入札箱に投函する。3月4日(月)に開札し、結果は同プラザ館内に掲示する他、落札者には郵送で通知する。搬出は落札者自身が行う。転売・営利目的での入札、1人での多商品への入札は不可。

 展示期間は平日午前9時から午後5時、日曜午後1時から同5時。土曜は休館。

 問い合わせは伊賀南部環境衛生組合(0595・53・1120)まで。

2019年2月23日付742号26面から