伊賀市は2月4日、上野コミュニティバス「しらさぎ」の車体にラッピングするデザインを発表した=写真。4月から運行を開始する。

 新デザインを採用するのは2台のうち更新時期を迎えていた1台。デザイン案は観光客らが「忍者のまち」に来たことを実感でき、市民のバス利用促進のきっかけにもなればと、昨年11月から12月にかけて公募していた。25作品の中から最優秀賞に選ばれたのは京都市のイラストレーター、漫画家、おおえさきさんの作品で、無数の忍者が描かれている。

 おおえさんは、デザインの趣旨について「大好きな忍者をぎゅぎゅっと集合させたデザインを作ってみた。表情も顔も少しずつ違う。『自分に似てる忍者はいるかな』なんて思ってもらえたら」と説明。選考審査会は講評で「モノトーンが想像力をかき立て、街の風景を邪魔しない」などと評価した。