絵本を囲んでゆったりとした時間を過ごしてもらおうと、伊賀市上野徳居町の曙保育園(田矢文子園長)で1月24日、「みんなでえほん展」が始まった。26日の3日間で、時間は午前10時から午後3時まで。無料。【たくさんの絵本に囲まれ夢中になる園児ら=伊賀市の曙保育園で】

 未就園児がいる親子を対象に園内にある地域子育て支援センター「すくすくらんど」が毎年開いているイベントで、今年で15回目。2階にある会場のひまわりホールには約2000冊の蔵書の中から手作り絵本や大型絵本を始め、「にほんむかしばなし」や「しぜんかがく」「のりもの」など子どもの目線に合わせてコーナーを設けている。

 午前10時からと午後1時からは、ボランティアグループ「もこもこ」による読み聞かせがあり、赤ちゃんコーナーでは乳幼児向けの木製玩具などのおもちゃが用意されている。

 初日の午前中には、同園の園児たちを始め、10組近い親子が訪れていた。長男の想大ちゃん(11か月)を連れて初めて参加した岡本衣莉さん(35)は「たくさんの本があることはもちろん、普段は子どもと1対1なので、他の赤ちゃんたちも来ているこういう機会はいいなあと思う。また参加したい」と話した。

 問い合わせは同園(0595・21・7393)へ。