伊賀市を拠点に活動する上野スケッチ教室の生徒が制作した絵馬が、1月7日(月)まで同市上野丸之内のハイトピア伊賀で開かれている「亥の春展」に展示されている。【仕上げた絵馬を手にする教室生ら=伊賀市下友生で】

 同教室には伊賀地域在住者を中心に、30代から90代の36人が所属。独立美術協会会員の倉岡雅さん(65)を講師に迎え、毎月第3月曜の午前10時から午後3時まで、同所で活動している。

 毎年恒例の同展には市内から公募した絵馬や干支にちなんだ作品が展示される。同教室からは干支のイノシシをテーマにした25点の作品を出展する予定。時間は午前10時から午後4時まで。入場無料。

 問い合わせは上野公民館(0595・22・9637)へ。

 同教室の絵馬は、1月10日(木)から31日(木)まで、同下友生の上野森林公園でも展示される。