12月31日から元日にかけ、伊賀地域各地の神社や寺院では、新年の訪れを祝う行事が行われた。参拝に訪れた人たちは、健康や家内安全などを祈願していた。【除夜の鐘をつく参拝者=伊賀市平田の植木神社で】

 伊賀市平田の植木神社(渡邉智之宮司)では、31日午後11時45分ごろから周辺の住民らが多数参拝。境内では高さ2メートルほどのかがり火がたかれ、敬神婦人会が年越しそば、氏子青年会が甘酒を振る舞い、訪れた人たちをもてなしていた。 初詣に訪れた家族連れは「(息子が)野球がうまくなるようにお祈りした」「もっと勉強ができるようになりたい」と口々に話した。