年末年始の防火・防災を目的に地域の消防団員らが夜間に警戒活動を行う「年末夜警」が、12月28日から各地で始まった。30日までの3日間、市民センターや公民館などを拠点に地域内の巡回などを実施する。【南消防署丸山分署での年末夜警巡視の様子=伊賀市下神戸で(伊賀市消防団提供)】

 伊賀市では28日午後7時から同9時ごろまでの間、岡本栄市長と大森秀俊副市長、市議会、警察、消防関係者が2班に分かれて市内を5地区ずつ巡視し、開会活動に臨む消防団員らを激励した。