名張市議会12月議会は20日、補正予算など12件の議案を可決し、閉会した。【閉会のあいさつを述べる亀井市長=名張市鴻之台で】

 閉会に際し、亀井利克市長は「国会でも成育基本法が可決し、来年も妊産婦や子どもに寄り添った市政をしていきたい」と話し、来年度の予算組みについては「国体開催に向けた整備など、国費を活用していく」とした。