「名張からトップアスリートを」。名張市春日丘の近畿大学工業高等専門学校で体育講師をする傍ら、同高専グラウンドなどで小学生のサッカー指導をする。【生徒へ指導を行う川合さん】

 自身も小学生のころからサッカーを続ける中で、普及にも力を入れたいと、指導者の道を選んだ。同高専サッカー部のコーチを務めながら、今年4月にサッカースクール「CRACK なばり」を立上げた。スクールでは基礎となる体の使い方から指導し、楽しさを伝える。

 休みの日も考えるのはサッカーのこと。読書が好きで、サッカーの専門誌やトレーニングの本を読んで過ごしている。

 児童の指導に高専生も手伝いに来てくれるなど、「いろいろな形で、生涯サッカーに関わってくれる人が増える環境を伊賀で作っていきたい」と、未来を思い描く。

【私のお気に入り】
 約4年使い続ける手帳。日常で強く思ったことや、やることなどをメモしている。

2018年12月8日付737号4面から