さいたま市で12月23日から開かれる、第27回JOCジュニアオリンピックカップハンドボール大会の、三重県選抜代表に、名張中学校(名張市丸之内)の女子ハンドボール部の部員3人が出場する。【ベスト8めざし意気込む(左から)今谷さん、前岨さん、安藤さん=名張市役所で】

 3人はいずれも3年生の、今谷琉果さん(15)、前岨実里さん(同)、安藤桜愛さん(14)。今谷さんは昨年に引き続きいての出場で、今年は県選抜のキャプテンを務める。

 同部は今年7月にあった県大会で優勝。東海大会でも3位になるなど、実績を残してきた。8月には県選抜候補のメンバー約30人が集まる練習があり、9月上旬に16人の選抜選手が選ばれた。その後、選抜チームは同月末に東海地区の第2代表を決める選考会で優勝、全国大会への出場を決めた。

 今谷さんは「キャプテンとしても声を出し続け、沖縄と東京に勝ってベスト8を目指したい」、前岨さんは「中学生最後の試合。悔いの残らないよう全力で楽しみたい」、安藤さんは「ディフェンスと速攻をしっかりやりたい」と意気込んだ。