紅葉する木々を色鮮やかな光で照らす恒例の夜間ライトアップが名張市長坂の赤目四十八滝渓谷で始まり、訪れた人の目を楽しませている。【霊蛇滝広場付近のライトアップ=名張市長坂で】

 霊蛇滝広場付近では、紅葉したイロハモミジやカエデなどが、赤や緑など刻々と7色に変化する照明に照らし出され、遊歩道や広場にはろうそくやLEDが入ったプラスチックのコップや竹筒、合わせて約500個が並ぶ。【ハートやクローバーを形作るキャンドル】

 また、滝を照らすライトアップの色は開催ごとに変えており、今回は霊蛇滝が青色、不動滝が紫色の照明に彩られ、幻想的な雰囲気を漂わせている。

 赤目四十八滝渓谷保勝会の担当者は「紅葉は例年並みで、早い場所では見頃を迎えている。夜は気温が大きく下がるので、暖かい服装でお越しください」と来場を呼び掛けている。【幻想的な不動滝】

 ライトアップは25日までの午後4時半から同7時まで。入山料は高校生以上400円、小中学生200円。午後5時以降は駐車料金が無料で、名張市民なら証明書提示で入山料も無料になる。

 問い合わせは同保勝会(0595・63・3004)へ。