松尾芭蕉の遺徳をしのぶ「しぐれ忌」が11月12日、伊賀市柘植町の萬寿寺であり、芭蕉翁顕彰会の会員や地元住民ら約110人が参列した。【墓碑前で献花する顕彰会の宮田会長=伊賀市柘植町で】

 しぐれ忌は1893(明治26)年の200回忌以降、戦中の2、3年を除いて松尾家の墓がある同寺で毎年営まれている。本堂では市内のコーラスグループ「ユー」による「芭蕉賛歌」の合唱に続き、顕彰会の宮田正一会長が開式の言葉、岡島久司副会長が顕彰の言葉を述べた。

 法要の後、境内の墓碑前で落合泰寛住職が経を唱えるなか、参列者が花を手向けたり、手を合わせた。記念講演会では芭蕉翁記念館学芸員の高井悠子さんが「芭蕉の魅力」について話した。

 主催は市と顕彰会で、地元の山出区住民で組織する「しぐれ忌協賛事業実行委員会」に委託している。