伊賀市は11月1日、2018年度の市政功労賞と善行賞の7人を発表した。市役所で同日表彰する。【(左から)市政功労賞の桃井さん、嶋澤さん、西田さん=伊賀市提供】

 市政功労賞は旧大山田村議会議員で元伊賀市議の桃井隆子さん(70)=畑村=、きじが台地区住民自治協議会の設置当初から会長を13年務めた嶋澤正彦さん(76)=上神戸=、芭蕉翁顕彰会の理事や会長などを歴任した西田誠さん(83)=三田=の3人。

 善行賞は4人で、画家の故穐月明氏の絵画作品や蔵書、古美術、建物などを市に寄付した東洋文化資料館靑山讃頌舎設立者で妻の由紀子さん(86)=別府=と同理事長で長男の大介さん(62)=大阪府枚方市=、同じく画家で故松生良人氏の絵画作品を寄付した長男の厚志さん(53)=安場=、神戸小学校児童の登下校の見守りや付き添いを15年続けている高岡佳久さん(76)=比土=の4人。【善行賞の(左から)穐月由紀子さん、大介さん、松生さん、高岡さん=同】