女子サッカー・なでしこリーグ2部の伊賀FCくノ一は10月20日、伊賀市小田町の本拠地、上野運動公園競技場でバニーズ京都SCと対戦し、1-0で勝ってホーム最終戦を締めくくった。【得意の頭で決勝ゴールを決めたくノ一FWの小川(中央)=伊賀市小田町で】

 決勝ゴールは後半34分、MF杉田亜未からのセンタリングをFW小川志保が相手GKとDFに競り勝ち、ヘディングで決めた。今季13勝目で、3月21日の開幕戦で敗れた以外はホーム8試合を全て勝利した。

 大嶽直人監督は「まだまだ内容に乏しいところがあったが、後半は諦めずに点を取りに行く姿勢が見せられた」と振り返った。試合後には下部組織を含む選手やスタッフがピッチに立ち、観客席の市民やサポーター、関係者らに今季1年間の応援や支援に感謝を述べた。

 28日の最終節はアウェーで、静岡産業大学磐田ボニータと対戦する。