名張市は観光客の増加や移住を促進するためのプロモーション看板を、10月から、大阪市中央区の近鉄大阪難波駅ホームに設置した。「来てだあこ 見てだあこ 暮らしてだあこ」をキャッチフレーズに制作された。【駅に設置された看板(名張市提供)】

 看板のサイズは縦1・8メートル、横2・4メートル。難波・奈良線の奈良方面に向かう下りホームに設置されている。名張市内で撮影した風景写真を大きく使用した。

 同市地域活力創生室によると、看板にある「おかえり。」のキャッチコピーには名張を訪れたことのある人、就職などで大阪へ出てしまった人も、いつでも帰ってこられる場所でありたいとの思いを込めたという。担当者は「名張から大阪へ通勤、通学している人にも、見てほっとしてもらえたらと思う」と話した。