伊賀市佐那具町の府中神社で10月1日、会式まつりがあった。境内に造られた土俵では地元小学生による子ども相撲が奉納され、見守っていた地元住民が盛んに声援や拍手を送った。【元気いっぱいの子ども相撲に歓声が沸く境内=伊賀市の府中神社で】

 会式まつりは、同市の佐那具町と坂之下、外山、千歳の氏子地区の各種団体で組織する同実行委員会(委員長=増田範生・佐那具町自治会長)の主催。関係者によると、かつては大人の相撲が奉納されていたという。

 学年ごとに勝ち抜き戦で行われた子ども相撲は4地区の小学生1年生から6年生の約50人が参加。女子児童は腕相撲で対戦し、男子児童は半ズボンの上からまわしを締めて組み合った。また、江州音頭の披露や餅まきなどもあり、境内は夜までにぎわった。