伊賀市議会の9月定例会は28日、2017年度決算や18年度補正予算など45議案のうち、市役所庁舎を複合施設に改修するための実施設計業務委託料9527万円を追加する一般会計補正予算を除く44議案を可決、認定し、閉会した。

 補正予算に含まれていた伊賀支所(下柘植)周辺の公共施設を「ふるさと会館いが」(同)に集約し、複合施設に整備する実施設計経費1593万円には、議員から「ホールを利活用するため民間などに情報を広く周知すること」「支所のあり方の方向性を示すこと」の2点を求める付帯決議案が提出され、賛成多数で可決した。

 また、利用者に課している「ゴルフ場利用税」の堅持を求める意見書の提出案は全会一致で可決した。市内にはゴルフ場が12か所あり、市に納められる同税は2013年度からの5年で平均約1億8500万円に上る。