「ろうきん杯第20回三重県学童軟式野球大会」で初優勝した伊賀市のふたば少年野球クラブが9月26日、同市役所を表敬訪問した。【優勝カップや賞状を手に優勝報告したふたば少年野球クラブの皆さん=伊賀市で】

 優勝報告には選手12人とチーム関係者らが出席した。大会は今月に県営松阪野球場などであり、ふたば少年野球クラブは決勝で「尾鷲野球少年団」を5‐3で破り、参加16チームの頂点に立った。

 同野球クラブには現在、上野西小の児童を中心に2年生から6年生の男女22人が所属。キャプテンの池住一輝君(12)は「春の県大会で敗れたチームにも勝ち、優勝できて良かった」、長田正典監督は「けがで試合に出られない子もいたが、皆の力を借りて素晴らしい結果を出してくれた」と喜びを語った。