横浜市の日産スタジアムで開かれた第34回全国小学生陸上競技交流大会の男子400メートルリレー決勝で、3位に入賞した三重県代表の「ゆめが丘陸上クラブ」に所属する伊賀市内の小学生たちがトロフィーや賞状を手に市役所を訪問した。【リレーメンバーの(左から)前川君、吉福君、福井君、門口君、中森君】

 メンバーは全員6年生で、前川真誉君(大山田小)と吉福玲央君(友生小)、福井涼晟君(神戸小)、門口隼翔君(同)、中森大智君(大山田小)の5人。大会は8月にあり、予選は51秒17のタイムで突破。決勝では新潟、栃木のチームに次ぐ51秒02の好記録を出し、目標にしていた8位入賞以上の成績を残した。

 決勝のレースを振り返り、選手たちは「思っていたより気持ちよく走れた」「周りが大きな選手ばかりだったが、結果が出せた」と振り返った。南正人監督(69)は「慣れない会場で力が発揮できるかドキドキしたが、思った以上に落ち着いていた」と、本番で強さを見せた子どもたちを褒めた。

 報告を聞いた岡本栄市長は「よく頑張った。この中から五輪競技に出場できる選手が出てきてくれたら」と労った。