名張市の青蓮寺・百合が丘地域づくり協議会が伊賀地域で初めて「配食用小型電気自動車『みずほ号』」の寄贈先に選ばれ、9月19日、百合が丘市民センター(名張市百合が丘西5)で、関係者を招いた贈呈式と試乗会が行われた。【握手を交わす地域づくり協議会の木寺代表理事(左)とみずほ教育福祉財団の林福祉事業部長=名張市百合が丘西5で】

 高齢者の1人世帯や高齢夫婦2人の家庭が増えているなか、食事を豊かにすることで、健康寿命を延ばす手助けをしたいと、公益財団法人みずほ教育福祉財団が、2003年から続ける事業。16年間で164台が日本各地に寄贈されている。2月から5月に各地の社会福祉協議会や食支援活動協力会からの推薦を受けた団体が応募し、うち10団体を選定。今年は15団体が応募し、6月の選定委員会で寄贈先の1つに選ばれた。

 贈呈式に訪れた、同財団の林敏朗福祉事業部長(60)は「食事を配って終わりでなく、心が届けられる。我々の気持ちと一緒に届けてほしい」と参加者に呼び掛けた。

 週1回、1食450円配食ボランティアを行う、配食サービス「ゆりの花」の代表、倉坂洋子さん(78)は「見守りも兼ねている。福祉事業に活用していきたい。寄贈はありがたい」と謝辞を述べた。

 目録を受け取った青蓮寺・百合が丘地域づくり協議会の木寺正仁代表理事(69)によると、名張市社会福祉協議会の呼び掛けがあり、今年初めて応募に踏み切ったといい、式の後、「協議会としても高齢化社会に向けてさまざまな取り組みや、若者も住みたいと思ってもらえるようにしていきたい」と話した。