福井県で開かれる第73回国民体育大会を前に、9月20日、陸上など8競技に参加する名張市在住、在勤、在学、出身の出場選手や監督など17人の激励会があった。29日から10月9日にかけて各競技が行われる。【大会に向けて意気込む選手ら=名張市鴻之台1で】

 出場する選手は15から35歳までの11人。監督やコーチ、トレーナーとして参加するのが27から50歳までの6人。サッカー女子で出場する同百合が丘西3の那須麻衣子さん(34)は「現役は引退しているが、国体で選手として出場できることはなかなかないこと。経験でチームのプラスになれたら」と活躍を誓った。

 亀井利克名張市長から「最後の調整をして、自然体で挑んでほしい」と激励の言葉をかけられると、選手らの表情も引き締まった。

 出場選手と競技期間は次の通り。敬省略。
 陸上競技少年男子 伊藤陸(近畿大学工業高専)・伊藤渉(同)・本田基偉(同) 10月5日から9日
 サッカー女子 那須麻衣子(三重県民共催生活協同組合) 9月30日から10月4日
 バスケットボール少年男子 中嶋純希(津工業高)・野田巧真(四日市工業高) 10月1日から5日
 馬術成年女子 北川真弓(名張乗馬クラブ) 10月1日から5日
 柔道女子 堂﨑月華(名張高)・川村幸穂(同)・榎谷ともみ(ヤックス) 10月6日から8日
 ゴルフ少年男子 阪口亮太(伊賀白鳳高) 10月4日から6日