伊賀市出身のピアニスト2人による「ジョイントコンサート」が、9月30日午後2時から同市下柘植のふるさと会館大ホールで開かれる。【波多野さん(左端)の指導で練習する出演者=伊賀市で】

 伊賀市文化都市協会の主催。出演は北川美晃さんと今野尚美さんで、テノール歌手の波多野均さんが客演し、公募した合唱団との共演もある。

 北川さんと今野さんは、いずれも上野高校出身。北川さんは東京音楽大学に進み、現在は名古屋を拠点に活動。今野さんは渡英して国王立音楽院で学び、現在は東京を拠点に国内外で音楽活動を続けている。

 当日は2人の独奏、連弾を始め、波多野さんの独唱など4部構成。なかでも、6月に一般公募で集まった合唱メンバー約80人は、7月から計6回の練習を重ね、今野さんの伴奏で「流浪の民」など3曲を披露する。

 指導に当たった波多野さんは「皆熱心で、いい感じに仕上がってきた」と太鼓判。「音響のいいホールへ聴きにきてほしい」と来場を呼び掛けている。

 入場料は千円。チケットは同会館の他、市文化会館、青山ホール、あやま文化センターで販売している。

 問い合わせは同協会(0595・22・0511)まで。

2018年9月8日付731号11面から