女子サッカー・なでしこリーグ2部12節の3試合が9月16日、千葉県の鴨川市陸上競技場などであり、首位の伊賀FCくノ一はオルカ鴨川FCに2‐0で勝利した。白星の数を2桁に乗せ、連勝記録も6に伸ばした。【先制ゴールを決め、チームメートと喜び合うMF森(左から4番目)(くノ一事務局提供)】

 くノ一は前半2分、DF松久保明梨の直接フリーキックを起点にゴール前の混戦からMF森仁美が公式戦6試合連続ゴールを決めて先制。24分にはFW竹島加奈子がコーナキックを頭で合わせて追加点を奪い、リーグ後半戦初の無失点に抑えた。

 試合後、大嶽直人監督は「前回のオルカ戦よりも切り替えの早さ、縦へのポジション、プレー強度などが上がっていると感じた。このまま良いパフォーマンスを発揮し続けられるように日々の練習から努力していきたい」とコメントした。

 リーグは残り6試合で、2位のASハリマアルビオン(兵庫)との勝ち点差は10。次節は23日で、3位の愛媛FCレディースと甲賀市陸上競技場(同市水口町北内貴)で対戦する。