伊賀市と芭蕉翁顕彰会は9月10日、募集していた芭蕉祭ポスター原画の審査結果を発表し、最優秀賞には市立上野東小3年の田中一路君(9)の作品が選ばれた。10月12日の芭蕉祭式典で表彰する。【芭蕉祭ポスターに採用される田中君の作品】

 ポスター原画は市内の6小学校から672点が寄せられ、7月の審査会で最優秀1点、優秀5点、入選30点が選ばれた。田中君の作品について審査員らは「山また山を歩き風の音、雨の音を感じ俳句を作っている芭蕉さんがとてもいい」と評した。

 芭蕉さんへの思いとして、田中君は「ぼくがかいたのは雨上がりにくさむらを歩いている所です。右下の黒いのはあめんぼです。ぼくもばしょうさんみたいにたびをしたいです。ばしょうさんに会いたかったです」とつづった。

 今月29日から10月12日には同市上野丸之内のハイトピア伊賀5階でポスター原画展があり、入賞作品36点を展示する。また、10月中は伊賀鉄道の車内でも複写した作品を展示する。