伊賀市総合危機管理課は9月5日、同市森寺の自宅を出たまま行方が分からなくなっていた90代の女性が約24時間後に隣家の小屋裏で無事発見されたと発表した。脱水症状などで市内の病院に搬送されたが、外傷はなく、会話もできるという。

 同課によると、女性の家族が自宅離れからいなくなったのに気付いたのが4日午前10時30分で、午後3時に近くの公民館に現場本部を設置。周辺住民の男性が5日午前10時50分ごろに小屋裏と法面の間にいる女性を発見した。

 捜索活動には周辺住民を始め、伊賀署や市消防本部、地元消防団ら延べ約160人が参加した。