台風20号の接近・通過に伴って伊賀・名張両市に発令されていた大雨警報は8月24日午前11時21分に解除され、両市の災害対策本部も廃止となった。負傷者や、床下・床上浸水などの被害は寄せられていないという。

 伊賀市では、台風による大雨で土砂災害警戒地域に含まれたことなどから8地区に避難勧告が出され、最大で19世帯29人が避難。名張市でも最大で14世帯20人が自主避難していた。