地域ブランドの美旗メロンを更に楽しんでもらおうと、メロンを使った和洋菓子が名張市内で販売される。このほど、同市上小波田のJAいがふるさと農業協同組合カントリーエレベーターで、洋菓子2種と和菓子1種のお披露目会があった。【(左から)みはたメロンムース、美旗メロンのDXタルト、美旗メロン大福=名張市上小波田で】

 菓子の製造販売を行うのは、「あっちゃんのお菓子工房」(黒田)、「モンパクトル」(東田原)、「御菓子司矢の伊老舗」(鍛冶町)の3店。それぞれ「みはたメロンムース」「美旗メロンのDXタルト」「美旗メロン大福」を販売する。

 みはたメロンムースはメロンの果肉と生クリームを混ぜ込んだヨーグルトムースをベースにメロンペーストを使ったゼリーと、果肉を飾り付けた、見た目も爽やかな商品。考案した小林篤史さん(26)は「ヨーグルトの酸味とメロンの甘みを意識した」と話した。

 美旗メロンのDXタルトを作ったモンパクトルの、吉島星日子専務は「メロン半玉を使用しています。美旗メロンの甘さとタルトの食感を楽しんでほしい」とニッコリ。クッキーのタルト生地にアーモンドクリームを焼いた生地の2重の土台に、職人こだわりだというカスタードクリームを敷き詰め、カットしたメロンをたっぷりと盛り付けた贅沢な一品。

 唯一の和菓子である美旗メロン大福は、一口大にカットしたメロン果肉を白あんと餅で包んだ。職人の川瀬衣美さん(24)は「メロンが甘いので、あんこの量で調整している」と笑顔を見せた。

 美旗メロンの名前使用の公認を行う同組合の美旗メロン部会会長の山﨑晃路さん(76)は「ますます美旗メロンの名声を高めてもらえれば」と話した。

 菓子の販売期間はそれぞれの店で異なるが、メロンの出荷時期である8月中ごろまでを予定している。

 各品の販売方法、価格などは次の通り。
【みはたメロンムース】とれたて名張交流館(希央台2)、イオン名張店1階物産コーナー(元町)、JAいがふるさとほのぼの市場(夏見)で販売。予約の場合は4個から、2日前までに。
1個420円(税込)
あっちゃんのお菓子工房(090・7674・0068)

【美旗メロンのDXタルト】店頭販売で予約のみ。
直径15センチ3456円(税込)
モンパクトル(0120・48・6636)

【美旗メロン大福】イオン名張店1階物産コーナー(元町)で販売。
2個入り436円(税込)
御菓子司矢の伊老舗(0595・63・0553)