名張市社会福祉協議会は7月27日、同日から岡山県倉敷市へ被災地復旧のボランティアを派遣するボランティアパックの中止を発表した。台風12号の接近に伴い、参加者の安全などに考慮して決定した。

 同市社協によると26日までに伊賀 、名張の両市で約30人の申し込みがあったという。今後、改めて要請のあったボランティアパックへの参加は検討するという。