全国高校野球選手権三重大会の1回戦10試合が7月14日、県内4会場で行われ、伊賀地区の上野が白子を5対0で下し、同大会6年ぶりの勝利を収めた。津東と対戦した伊賀白鳳は、好守も及ばず0対4で零封された。【上野‐白子 スタンドへ駆け出す上野の選手たち=松阪市立野町で】

 この日は県内北中部などで気温35度を超す猛暑日に。県営松阪球場で行われた上野‐白子の一戦は、序盤は投手戦の様相。4回に好守から流れをつかんだ上野は、増井礼央君(2年)の適時打で先制すると、5回に連続適時打で2点、6回にも宮本翔君(同)の二塁打などで2点を加え、2投手の継投で白子打線を4安打に抑えた。

【上野-白子/5回裏上野二死2塁 1番・藤山裕大君(3年)が右前に落ちる適時二塁打】

 試合後、三井晋監督は「一歩間違えば大量失点につながるポイントもあったが、バッテリーも良く粘った。打線はよく打ったが、終盤決めきれなかった。2回戦(対白山)は胸を借りるつもりで、粘って先制点を取りに行きたい」、先制点につながる二塁打と3点目となる適時打を放った髙山幸太郎君(同)は「相手投手はうまくタイミングを外してきたが、打てて良かった」と話した。

【伊賀白鳳-津東 敗退が決まり、うつむく伊賀白鳳の選手たち=津市本町で】

 2年連続で3回戦に進出している伊賀白鳳だったが、2点を先制された初回、反撃を試みるも併殺で生かせず。その後、8回までは両チームとも安定した守備で試合が動かず進み、先発の福永道弘君(3年)も粘りの投球を続ける。しかし、9回に1番打者を敬遠後、2番に適時打を許して差を広げられると、反撃も及ばず敗退が決まった。

【伊賀白鳳‐津東 力投する伊賀白鳳・福永君】

 試合後、濵地彰彦監督は「展開は悪くなかったが打ち崩せず、最後までひっくり返せなかった。粘り強い、らしい野球ができていただけに、勝たせてあげたかった」、濵﨑亮太主将(3年)は「粘ってやるのが自分たちの野球だったけど、力が出し切れなかった。今年は3年生が少ないなかでやってきたが、次は3年生も多いので、まとまっていけばいい試合ができる」と話した。

 また、この日の1回戦では、今春の選抜大会でベスト4に入った三重が松阪商に2対5で敗れ、初戦で姿を消した。

※伊賀地域各チームの試合予定・結果などは、「伊賀・名張の高校野球応援ブログ」(http://blog.livedoor.jp/iganabari_baseball/)に掲載しています(速報ではありません)