女子サッカー・なでしこリーグカップ2部の7節1試合が6月23日、岡山県美作ラグビー・サッカー場であり、伊賀FCくノ一は岡山湯郷Belleに4‐0で完勝した。【2ゴールを決めたくノ一のFW竹島(右)=くノ一事務局提供】

 勝ち点1差でBグループ首位の湯郷ベルを追うくノ一は試合開始直後、FW竹島加奈子のゴールで先制。続く前半23分にMF杉田亜未、42分に再び竹島がそれぞれ加点すると、3点リードで迎えた後半18分にもMF下條彩がゴール前のこぼれ球を押し込み、湯郷ベルを突き放した。

 くノ一の通算戦績は4勝2分で、順位は湯郷ベルと入れ替わり、2試合ぶりに予選Bグループ首位に立った。試合後、大嶽直人監督は「首位奪回するための大事な試合で立ち上がりからハードワークしたこと、集中して戦いに入れたことが良かった。前の2試合で失点続きだったところも選手自ら修正し、コントロールできた」とコメントした。

 くノ一は次節の7月1日に伊賀市小田町の本拠地、上野運動公園競技場でバニーズ京都SCと対戦する。