第10回伊賀流手裏剣打選手権大会の予選が、9月から12月にかけて全国7会場で実施される。6月から参加申し込みが始まり、伊賀市の伊賀流忍者博物館(上野丸之内)で来年3月10日にある本選で優勝した人には純金製手裏剣が賞品として贈られる。【優勝賞品の純金製手裏剣(左)と2位に贈られる純銀製手裏剣=伊賀市で】

 主催は伊賀上野観光協会で今回が10回目。忍者の発祥地である伊賀への関心を高め、ファンを拡大して誘客促進を図ろうと創立50周年を機に始めた。

 参加資格は中学生以上。定員は各会場とも先着50人で、参加は1人1会場。予選が終了する12月16日時点で全体の40位以内に入った人が本選に出場できる。前回大会には240人が参加した。

 参加費は1000円(保険料込み)で、ルールブックがない場合は別途200円で購入が必要。今回の予選では静岡会場がなくなり、新たに長野会場が加わった。

 開催日は全て日曜で、予選の各会場は次の通り。

【大阪】9月2日=あべのハルカス近鉄本店(大阪市阿倍野区)
【愛知】同9日=犬山忍術道場(愛知県犬山市)
【九州】10月14日=肥前夢街道(佐賀県嬉野市)
【長野】11月4日=上田城跡公園内の博物館前(長野県上田市)
【京都】12月2日=伊賀流忍者道場(京都市下京区)
【伊賀】同9日=うえせん白鳳プラザ(伊賀市上野東町)
【東京】同16日=三重テラス(東京都中央区)

 申し込み、問い合わせは伊賀流忍者博物館(0595・23・0311)へ。