大相撲夏場所(両国国技館)9日目の21日、伊賀市出身で西前頭十一枚目の千代の国(九重)が突き出しで同十四枚目の豪風を破り、4場所ぶりの勝ち越しを決めた。千代の国は平幕の勝ち越し第1号で、現在7連勝中。

 9日目を終え、全勝は関脇の栃ノ心、1敗は横綱の白鵬と鶴竜、千代の国の3人。千代の国が幕内でこれまでに最も早く勝ち越しを決めたのは新入幕の2012年初場所で、10日目だった。

 22日は前頭十七枚目の錦木と対戦する。