晴天に恵まれた「こどもの日」の5月5日、地域の繁栄を願う、名張市桔梗が丘3番町の鹿島宮(藤尾ミネ子宮司)の例大祭が営まれた。餅まきや子どもたちに菓子の振る舞いもあり、大勢の家族連れでにぎわった。【初めて餅まきを体験する谷本さん(右端)=名張市桔梗が丘3番町で】

 午前11時から亀井利克市長ら地域住民約250人が出席。藤尾宮司らによる神事が営まれ、一人ひとりが祭壇に玉串を捧げた。その後、氏子総代ら6人が台座に上がり、約140キロを超える紅白の餅がまかれた。境内に集まった人たちは思い思いに袋をかざし、子どもたちは歓声を上げながら夢中で餅を拾っていた。

 初めて餅まきを行った同市桔梗が丘5番町の石材業、谷本雅一さんは「名誉な体験。遠くまで届くように心掛け、今日はとても楽しかった」と話し、家族5人で訪れていた近くの会社員、大野貴之さんは「子どもたちは毎年来ていますが、私は3年ぶり。子どもたちは『お餅を19個も拾えた』と喜んでいます」と笑顔で話していた。

 また、境内では、こどもの日に合わせて菓子セットの振る舞いもあり、地元の子どもたち100人に配られた。