全日本体操種目別選手権の男子トライアウトに出場する相好体操クラブ伊賀教室所属の安里圭亮さん(24)=沖縄県北中城村出身=と、平野竣介さん(22)=京都府綾部市出身=が伊賀市役所を訪問し、それぞれ意気込みを話した。大会は4月28日に東京都渋谷区の東京体育館で開かれる。【安里さん(左)と平野さん=伊賀市上野丸之内で】

 男子トライアウトには種目ごとに最大54人が出場。上位の選手らは6月30、7月1日に開かれる本大会に進出する。

 跳馬で出場する安里さんは昨年の本大会で5位に入賞。同11月にあったワールドカップのコトブス国際(ドイツ)でも優勝するなどし、男子トライアウト出場は免除されていたが、今年度のW杯派遣に必要なランキング上位に入るため、敢えて出ることにした。

 平野さんの出場種目はあん馬。日本大学をこの春卒業し、相好体操クラブに就職した。男子トライアウトは通算4度目で、初の本選出場を目指す。

 本番に向けて、安里さんは「今年から東京五輪の選考が始まるし。しっかり点数を取りたい」、平野さんは「無事予選を通過し、本大会で結果を残せたら」と話した。岡本栄市長は「それぞれに意義のある大会にしてください」と激励した。