三重大学伊賀サテライト伊賀連携フィールド主催の市民講座「忍者・忍術学講座 江戸の忍者戦国の忍者」が、4月から9月までの全6回、伊賀市上野丸之内のハイトピア伊賀で開かれる。

 いずれも土曜開催で、時間は午前10時半から正午まで。受講無料、申し込み不要。参加は連続でなくても可。

 主催者は「世界的に人気を誇る忍者について研究を行っています。どうぞお立ち寄り下さい」と参加を呼び掛けている。

 講座の内容、講師は次の通り。
 【4月21日】「江戸の建設と服部半蔵・伊賀者」根岸茂夫(國學院大学文学部教授)
 【5月19日】「広敷伊賀者と御庭番?隠密御用の実際?」深井雅海(徳川林政史研究所副所長)
 【6月16日】「江戸時代の伊賀者?一揆探索の隠密御用?」深谷克己(早稲田大学名誉教授)
 【7月21日】「伊賀と甲賀の一揆について」呉座勇一(国際日本文化研センター助教)
 【8月18日】「小天狗清蔵について?その活動と天正伊賀の乱後の復興?」瀧川和也(三重県総合博物館展示交流事業課課長)
 【9月15日】「徳川幕府伊賀者の成立と展開」高尾善希(三重大学国際忍者研究センター准教授)

 問い合わせは、同大学人文学部チーム(059・231・6991)へ。

2018年3月24日付720号18面から