名張市議会事務局が4月3日、会派構成を発表した。新たな会派の結成はないが、最大会派だった清風クラブから2人が脱退し、無会派になった。

清風クラブを脱退したのは、吉田正己議員、森岡秀之議員。3月定例会では市長と市議の同日選挙に向けた自主解散決議案や定数2人減の削減案の賛否を巡り、会派内で意見が割れていた。脱退後の構成人数は3人。

新会派の構成は次の通り。(敬称略、◎は代表者)

【公明党】(4人)◎吉住美智子、阪本忠幸、富田真由美、細矢一宏
【清風クラブ】(3人)◎豊岡千代子、常俊朋子、福田博行
【心風会】(3人)◎柳生大輔、幸松孝太郎、永岡禎
【改新】(3人)◎山下登、柏元三、浦﨑陽介
【日本共産党】(2人)◎田北利治、三原淳子
【喜働】(2人)◎川合滋、足立淑絵
会派に所属していない議員(2人)森岡秀之、吉田正己