女子サッカー・なでしこリーグ2部の1試合が3月24日、京都市右京区の西京極総合運動公園陸上競技場であり、伊賀FCくノ一はバニーズ京都SCに3‐0で勝利。今季初白星を飾った。【2ゴールを決めたくノ一FWの竹島(右)(くノ一提供)】

くノ一は28分と38分にFW竹島加奈子が連続ゴールを決め、前半で2点のリードを奪った。後半33分にも途中出場のDF町田朱里がヘディングで加点し、守ってはバニーズのシュートを前半の1本に抑えた。

試合後、大嶽直人監督は「前節の負けを吹き飛ばすような意識の高さ、執着心、しつこさ、チームプレーに素晴らしいと感じた。反省点から選手たちが、修正し試合に生かす努力をした結果だと思う」とコメント。2得点の竹島は「前線の選手としてしっかりゴールに決め切ることができたのはすごく嬉しい」と喜びを語った。

リーグの次節は6週間後の4月28日で、1日はリーグカップの予選リーグが上野運動公園競技場などあり、くノ一は愛媛FCレディースと対戦する。