180316_1.jpg 静岡県裾野市で3月17日から19日に開かれる全国レディースサッカー大会に、伊賀FCくノ一OGらでつくるサッカーチーム「Legame」(名張市)が東海地域代表として出場する。同市在住選手4人が市役所を訪れ、活躍を誓った。 【活躍を誓うLegameの選手たち(名張市提供)】

 4人はいずれもくノ一OGの、同市富貴ケ丘4の山口絢子さん(31)、同百合が丘西3の那須麻衣子さん(33)、梅が丘南2の中嶋喜美さん(33)、桔梗が丘8の平岡彩希絵さん(26)。
 30歳以上の選手を中心としたチームで競う大会。チームは昨年に同大会に出場した県内の「みえ高田FC」を前身とし、今大会出場のためにメンバーを引き継いで再結成した。
 くノ一出身者ならではの息の合った連携が特徴で、攻撃的な攻めの試合づくりが得意。昨年10月の三重大会、11月の東海大会ではいずれも完封試合で勝ち上がってきた。
 主将を務める平岡さんは「楽しみながら、優勝を目指したい」。那須さんは「出るからには優勝しか考えてない」と気合十分に話していた。