180303_11.jpg 高校の部活動の集大成を地元の人たちに見てもらおうと、県立伊賀白鳳高校(伊賀市緑ケ丘西町)美術部の卒業作品展が3月4、5の両日、同市上野東町のうえせん白鳳プラザで開かれる。入場無料。【卒業展に向け作品を選ぶ美術部の生徒たち=伊賀市緑ヶ丘西町で】


 会期中は、大小さまざまなキャンバスに人物や植物などを油彩、水彩、アクリルなどで描いた、3年生7人の作品約30点を展示予定。

 同部部長で3年生の福川唯さん(18)は「3年間で育ててきた、それぞれの個性を感じてもらえる作品展にしたい。お茶も用意してお待ちしていますので、ぜひ見に来てください」と来場を呼び掛けた。

 顧問の堂本清文教諭は「3年間の作品を並べる機会はなかなかない。来ていただく方にも、生徒にとっても、成長を確認できる貴重な展示会になる」と話した。

 時間は午前10時から午後5時(5日は同4時)まで。

 問い合わせは同高(0595・21・2110)へ。

2018年2月24日付718号21面から