伊賀市議会(定数24)の3月定例会で19人が一般質問する。初日は5日で、6日と7日、9日の4日間。

 発言者の順番、質問要旨は次の通り(敬称略)。
【5日=6人】
福田香織▼高校とのつながり①「神村学園」伊賀分校②「ナノニン」菜の花プロジェクト③「人材回帰」を目指して▼地区市民センターのあり方▼市民の意見を聞く機会づくり
岩田佐俊▼山神橋の早期復旧▼観光振興による地域活性化▼伊賀~京都間のバス運行▼国民健康保険の広域化
北森徹▼地域の安心・安全のためのセーフコミュニティへの取り組み①子どもの安全・交通安全②防災▼障がい者の自立支援①一般就労への定着▼しらさぎ号、伊賀鉄道の利用状況とこれからの見込み①無料化による副次的効果
福村教親▼2025年問題に対応する地域医療①在宅医療の現状②患者情報共有システムの導入③看取りの意識改革▼ムスリム・インバウンドへの対応①ハラール対応食の普及②食から観光へ(賑わい創出)▼教育長の任期満了にあたっての総括①教育現場での差別発言②教職員の働き方改革
百上真奈▼くらしの安全をつくる地域交通▼住まいのセーフティネット機能を生かした住まい・まちづくり①伊賀市住生活基本計画の進ちょく状況②公営住宅のバリアフリー化③住宅確保要配慮者への取り組み▼子育て支援①国民健康保険税の子どもの均等割軽減
生中正嗣▼市長の施政方針に関連して①「賑わいを取り戻す」プロジェクト
【6日=5人】
田中覚▼岡本市長の経営者資質
川上善幸▼獣害対策▼訪問型サービスD(移動支援)▼介護事業者連絡会▼伊賀市の移送サービス
近森正利▼障がいのある人、障がいのある子どもたち及び家族などへの支援とバリアフリー化
信田利樹▼交通対策①市内の安全対策事業の推進②新庁舎及び新四十九駅(安全及び交通対策)▼生活環境①防災・災害対策②今後の下水道整備のあり方
市川岳人▼子育て支援▼伊賀市の雇用・経済の活性化▼中山間農業
【7日=5人】
西口和成▼道路整備①渋滞緩和対策②交通安全対策▼共同住宅など空き家
赤堀久実▼高齢者支援①高齢者ドライバーの安全対策②認知症・介護予防の取り組み③子どもたちのスポーツ環境④子育てワンストップサービスの導入
中谷一彦▼上野総合市民病院における経営と医療体制の構築▼建物などの文化的価値と維持・活用の考え方▼誘致企業及びゆめが丘南部の新たな産業用地計画の進ちょく状況
山下典子▼イコモス国内委員会「日本の20世紀遺産20選」の選定を受けてのまちづくり▼横光利一の顕彰▼魅力あるしごとづくりの推進①本社機能や研究開発機能の誘致
森川徹▼救急の受け入れと転院▼保育環境
【9日=3人】
宮崎栄樹▼食育推進と学校給食①食育推進基本計画の策定②米飯給食の推進③牛乳が飲めない子どもへの対応▼川上ダム水利権量を減らすこと①ダム事業費の増額②ダム完成後の維持管理費
上田宗久▼岡波総合病院移転計画地へのアクセス道路①国道368号大内拡幅4車線化の進ちょく状況②大内インターとコリドール道路周辺の交通環境▼伊賀鉄道の運賃割引制度①2016年度請願第31号(高齢者無料パス)採択後の検討②障がい者や運転免許証返納者の割引制度▼更生保護と行政の役割①再犯防止計画の策定に向けて②更生保護関係団体との連携強化とネットワーク化
中岡久徳▼市職員の守秘義務