伊賀市議会は3月定例会初日の2月27日、提案された議案53件のうち、2017年度で一部事務組合の「伊賀市・名張市広域行政事務組合」を解散するための協議など2議案を即日採決し、全会一致で可決した。

 同組合は1970年10月に伊賀地域の7市町村で設立。農業共済事業が県内で一本化されたことなどで事務量が大幅に減少し、昨年から両市で解散の検討を進めていた。
 一般質問は5日から7日、9日の4日間を予定、会期は23日までの25日間。