180223_5.jpg

 河川の維持管理で伐採した樹木や流木の有効活用で、木津川上流河川事務所が伊賀市大野木の管理地で無料配布している。刈り草ロールの配布は毎年実施しているが、木材は今回が初めて。

 服部川の河道掘削工事で出た伐採木計5トンは長さ1メートルに切断。昨年の台風21号で上野遊水地に流れ着いた流木は計10トンで同1メートルから5メートル。太さはいずれもふぞろいで、ヤナギを中心にさまざまな樹種が混在しているという。
 場所は国道25号の大野木橋から南西約100メートル。配布期間は5月31日までの午前9時から午後5時で、木材が無くなりしだい終了する。
 問い合わせは伊賀上野出張所(0595・21・2403)へ。