伊賀市議会の3月定例会が2月20日に告示され、市は2018年度当初予算や17年度補正予算、条例関連など53議案を発表した。開会は27日で、会期は3月23日までの25日間。

 一般会計補正予算案は約4648万円の増額で、補正後の予算額は約464億359万円。公共施設最適化計画に基づく解体や複合化などの経費に充てる財源として基金を創設し、旧上野運動公園体育館の土地売払収入を原資に積立金1億320万円を計上する。基金設置の条例案も提出する。
 上野運動公園プール(同市小田町)を3月末で廃止する体育施設条例の一部改正案も提案。計画より1年以上も前倒しで、昨年は過装置の老朽化で公認50メートルを開放できなかった。
 一般質問は5日から7日と9日の4日間。予算常任委員会は12日から14日までの3日間で、総務と教育民生、産業建設の3常任委員会は15日と16日の予定。