180213_11.jpg 「駅前への出店が増えて、名張に人が集まる流れを作る。そんな地盤を固めたい」。その先駆けにと昨年11月、名張市栄町の名張駅前に「29BAR S(ニクバルエス)」を開店。数年後には海外出店も視野に入れ、活気あふれるまちの土台を築きたいと挑戦する。


 駅前にある老舗の呑み処「賛急屋」の長男。地元愛は、経営者である母の思いを色濃く受けた。だが、「店を継ぐという考えは、昔はあまりなくて」。

 人に縛られる人生は嫌だと、上京した大学時代から、飲食店勤務や語学留学、舞台俳優と、やりたいことをやってきた。

 経営者へ転身したのは、国内外の刺激的な人たちとの出会いで感じた「自分の考えを貫いて為すことが大きなお金を生む」という考えから。「やりたいことをするには、お金や軸足を置ける場所が必要。今は着実に商売を実らせないと」。目標は、2年後までに2店舗目を、5年後には東京や海外での出店。「ゆくゆくは実家も継ぎたい」と思い描く。

 小学6年で始めたバスケットボールは、国体選手に選ばれた腕前。社会人になってからも息抜きにと続け、最近は友人のサークルで汗を流す。

180213_11-2.jpg【私のお気に入り】
筋トレで使うダンベル。実家のスタッフの薦めで始め、身体づくりにはまってしまった。

2018年2月10日付717号7面から