180208_11.jpg 確定申告が16日から始まるのを前に、伊賀FCくノ一の大嶽直人監督と選手が2月8日、アピタ伊賀上野店(伊賀市服部町)で来店客に期限内の納付を呼び掛けた。【来店客に確定申告を呼び掛けるくノ一の選手たち=伊賀市服部町で】


 この日は伊賀FCからはキャラクターのくノんちゃんも含めて6人が参加。上野税務署職員や伊賀青色申告会の人たちと一緒になって、来店客に「早めの確定申告お願いします」と声を掛けながらポケットティッシュを配布していた。

 大嶽監督は「確定申告、くノ一ともに知ってもらえる機会になったのでは。今後も若い選手が地域で役に立てるよう、こういった活動に参加したい」と話した。

 伊賀・名張で確定申告を必要とする事業所などは年間約3万件。確定申告の受け付けは、個人事業者の消費税、贈与税は既に始まっており、所得税などは16日から。所得税などと贈与税は3月15日まで、個人事業者の消費税は4月2日までが期間となっている。

 同税務署では16日から、平日はゆめドームうえの(同市ゆめが丘1)を会場として申告を受け付ける。同税務署の山川優也総務課長は「インターネットを利用したe-Tax(イータックス)が便利でお奨め」と推奨するとともに、「期間内に申告されないと、加算税などがかかってくることがあります。期限内の申告を」と注意を呼び掛けている。

 確定申告の問い合わせは、同税務署(0595・21・0950)の自動音声に従い確認するか、インターネットでの申告は国税庁ホームページ(http://www.nta.go.jp/)から。