伊賀地域の小学校2校が2月7日、学年・学級閉鎖の措置を取った。伊賀・名張両市教育委員会が発表した。

 伊賀市では、6日から学年閉鎖となっていた島ヶ原小6年(1クラス18人)が、依然8人がインフルエンザで欠席していることを受け、閉鎖措置を8日まで延長した。
 名張市では、桔梗が丘小4年の1クラス(28人)が学級閉鎖となり、欠席した4人全員がインフルエンザだった。措置期間は8、9日の2日間。