県立あけぼの学園高校の女子生徒2人が12月18日、伊賀市下柘植の日置神社に来年の干支「戌」をデザインした絵馬を奉納した。来年1月中旬まで拝殿の正面付近に飾っている。【奉納した絵馬と(左から)山田さん、川口さん、西口宮司=伊賀市下柘植で】

アルミ製の絵馬は大きさが縦1メートル、横1・3メートル。柴犬の親子3匹が描かれており、同高の漫画研究部で副部長を務める2年生、山田明日香さん(17)の原画が採用された。

拝殿に絵馬を奉納した後、デザインを依頼した西口昌寛宮司は「神社に絵馬がなかったので飾りたかった。十二支そろえられたら」と喜び、山田さんは「貴重な経験になった」、部長の川口真寿さん(16)は「たくさんの人に見てほしい」と話した。