171219_11.jpg 名張市東田原の会社員、吉良久美さんが魅せられているのが、スワロフスキーを使ったアクセサリー「グルーデコ」の制作。作品はイベントに出展し、評判が広がっている。【作品に囲まれる吉良さん】


 昨年の1月、アクセサリーを作ってみようと思ったのがきっかけ。作り方を模索する中、キラキラ感のあるグルーデコに魅かれた。グルーデコは接着性のあるエポキシ系樹脂を使用し、スワロフスキーなどで飾る。奈良県内の教室に通い、同年5月には日本グルーデコ協会認定講師の資格も取得した。

 今年からは、長女が命名した「~Aries~(アリエス)」の屋号で出展。自分でデザインし制作したアクセサリーを、その場でつけて帰ってくれたり、喜んでくれたりする人たちの反応が直接感じられる対面での接客が好きだという。オーダーや、教えてほしいとの依頼も増えつつあるそうで「これからも幸せな気分になるようなアクセサリーを作っていきたい」と目を輝かせた。 

2017年12月9日付713号1面から