171123_5-1.jpg 伊賀市一之宮の敢国神社で11月23日、新嘗祭と黒党まつりがあり、境内で「伝統忍者集団・黒党」(黒井宏光代表)のメンバーが忍術の演武などを奉納した。【演舞を披露する「黒党」のメンバー=伊賀市で】

 黒党まつりは、伊賀忍者の頭領、服部一族による神事として平安末期に始まったと伝えられており、参加者が黒装束を身にまとう「奇祭」として知られる。戦国時代には途絶えたが、1995年に復活した。
 奉納公演では、全国各地で忍者ショーなどを開いている黒党の7人が縄や鉄の輪などを使った術を披露。メンバーの1人でシンガーソングライターのクロンド奈々さん(20)による歌や同市柘植町の亀井裕子さんによる篠笛の演奏もあり、詰め掛けた参詣者らを盛り上げた。