171123_11 .jpg 伊賀地域で写真文化を広めたいと活動する「みんなで写真を語る会」の作品展が11月24日から26日まで、伊賀市上野丸之内のハイトピア伊賀5階多目的ホールで開かれる。入場無料。【来場を呼び掛ける山村さん(左)と山田さん】


 メンバーは名張市桔梗が丘2の山村克嘉さん(47)、同市赤目町一ノ井の山田常雄さん(62)、同富貴ヶ丘5の高倉俊明さん(43)の3人。写真探究を目的に、不定期に開く会合で作品を持ち寄り講評する。なぜ心が動かされたのか考えたり、メンバーの意見で新たな魅力に気づかされたりと、互いの感性を磨き合ってきたという。

 作品展では、伊賀地域のさまざまな表情を写したドキュメンタリー写真や、街中の気になるものを収めたスナップなど三人三様の写真を、6つ切りからA3サイズまでの大きさで約230点展示。

 山村さんは「会を知ってもらうだけでなく、写真を通じて来場者と語り合い、理解を深められる場にしたい。多くの人に足を運んでほしい」と呼び掛ける。

 時間は午前11時から午後7時まで。25日午後5時からは講評会を兼ねた座談会も開く。

2017年11月11日付711号4面から